------------------
------------------  

【2021年12月】女性向けゲームアプリ 売上ランキング

あけましておめでとうございます。

2022年が始まりました。

新年のログボはちゃんとゲットしましたかー?

新年限定ボイスも確認しましたかー?

私はガチャを回しまくって早くも石不足です!課金するか!!!(笑)

さて、2021年12月、女性向けゲームアプリの売上はどのように推移したのでしょうか。

今回もセルランさんが発表している暫定の12月売り上げ予想額をもとに、ランキングを発表させていただきます。

「今、もっとも売れている女性向けゲームアプリ」「売り上げからみた、もっともおすすめの女性向けゲームアプリ」はこれだ!!!

※金額は「だいたい」です。

2021年12月、売上額が多かった女性向け&乙女向けゲームアプリ

こちらが2021年12月の、女性向け&乙女向けゲームアプリ売り上げ予測です。

12月 女性・乙女向けゲームアプリ売上予測額

 

1位 あんさんぶるスターズ!!Music 12.95億
2位 ディズニー ツイステッドワンダーランド 5.91億
3位 魔法使いの約束 1.95億
4位 アイドリッシュセブン 1.86億
5位 A3! 1.48億
6位 千銃士:Rhodoknight 1.37億
7位 アイドルマスター SideM GROWING STARS 1.29億
8位 シャイニングニキ 1.22億
9位 刀剣乱舞-ONLINE- Pocket 1.19億
10位 ヒプノシスマイク -A.R.B- 1.05億

参考:

11月 女性・乙女向けゲームアプリ売上予測額

 

1位 ディズニー ツイステッドワンダーランド 14.87億
2位 あんさんぶるスターズ!!Music 10.24億
3位 魔法使いの約束 6.48億
4位 アイドルマスター SideM GROWING STARS 1.89億
5位 アイドリッシュセブン 1.84億
6位 シャイニングニキ 1.64億
7位 A3! 1.45億
8位 スタンドマイヒーローズ 1.31億
9位 ヒプノシスマイク -A.R.B- 1.28億
10位 イケメン戦国 1.08億
11位 エリオスライジングヒーローズ 1.01億

2021年12月はあんスタが巻き返して10億円超えを達成。役3億円の売り上げを記録しました。

続くのはツイステですが、売り上げ予測はあんスタの半額以下と、あんスタのモンスターアプリっぷりが顕著に。

この後に続くのはまほやく、アイナナとともに2億円弱。少し開いて1.5億円以下にA3!。

11月にリリースされた千銃士Rが1億円超えと健闘。一方、同じく11月にリリースされたウィンドボーイズは12月の売り上げ予測が約6609万円と、千銃士Rの約半分に留まりました。

久しぶりにとうらぶが1億円を超えていますが、ヒプマイARBはじわじわと売り上げを落としギリギリ1億円台に乗っています。

今後、どうなるのか…気になります。

千銃士:Rhodoknightの人気が気になる…!

千銃士R

2021年11月にリリースした千銃士:Rhodoknight(千銃士R)は、2018年に配信されたアプリ「千銃士」の続きではなく新作アプリとして作られています。

世界は「千銃士」の革命戦争から7年後。一部キャラクターが変わっているため、完全に新しい作品だと思ってプレイしてください。

プロモーション動画を見るとわかるのですが、千銃士Rはとにかくイラストがきれい!

キャラが多いのですが、こちらの方が作成されたわかりやすいキャラ紹介を見ると、かなり興味深い&親近感がわいてきます。

MARKS、気になるな……!!!

このMARKS、「大型犬」っていうのはファン皆さん共通の認識らしく、千銃士Rのファンアートを見ると大型犬(というか、チョ〇)で書かれたMARKSがたくさん出てきます。

さらに、このRで沼にはまった方も多い様子。

キャラ同士の関係性もかなり面白そうです。

千銃士R、2022年にブレイクの予感……!!!

千銃士:Rhodoknight Google Play

千銃士:Rhodoknight App store

2021年の女性向けアプリ売り上げ予測をグラブで確認

2021年にヒットした主な女性向けアプリの売り上げ予測推移をグラフ化してみました。

 

あんスタMusicとツイステの巨人ぶりがわかります。

特にあんスタが順調に売り上げを伸ばし、高位置をキープ。ツイステはいったん低迷したものの、それでも他の多くの女性向けアプリと比べると高い売り上げをほこっています。

これだと、あんスタMusicとツイステ以外のアプリの売り上げの状態がよくわからないので、あんスタMusicとツイステを除いたグラフがこちら。

11月にまほやくがぐんと売り上げアップ。

こうしてグラフを眺めると、まほやくのほか、アイナナとA3!が存在感あります。

さらにまほやく、そして乙女系と恋愛ゲームを除き「育成系」「そこそこ売り上げ高いゲーム」に絞ると……

こんな感じ。

ヒプマイARBが売り上げ右下がり、アイナナとA3!が高めキープ、エリオスとうた☆プリは低めキープ。千銃士Rが期待できそうな感じ、というところかな。

2022年は、あんスタ、ツイステ、まほやく、A3!、アイナナ、千銃士Rあたりが売り上げの高いアプリになりそうですね。

 

それでは皆様、今年もよろしくお願いします。

一緒にゲームを楽しみましょう!

 

【2021年11月】女性向けゲームアプリ 売上ランキング

【2022年1月】女性向けゲームアプリ 売上ランキング

★★★あの声優の朗読&ドラマCDが無料で聞き放題
Audibleがすごい!★★★★