【まほやく】ミスラの詳細情報

ネタバレを含みます。注意。

フルネーム ミスラ Mithra
身長 187㎝
誕生日 2月8日
年令 1500歳以上
紋章が出た場所 左足の付け根の上というか、下っ腹というか、際どいところ
魔道具 水晶のドクロ
アミュレット 脚付の銀の盃(ゴブレット)

精巧な模様が施してあり、湖の水が入っている

マナエリア 生まれた場所のそばの夜の湖
呪文 アルシム
特技 死者や死体を操る
好きなこと・もの
嫌いなもの・こと 集団行動
得意 水泳
苦手 手加減
大いなる厄災の傷 眠れない

ミスラとチレッタについて

ミスラがまだ子どもだったころ、渡し守をしているのをチレッタが見つけて気に入り、魔法を教えて連れまわしていた。

その頃、ミスラを双子に合わせて「共に過ごし、育ててみようと思う」と報告している。

双子によると、その頃のミスラは子どもの頃のオズに似ていた。

ミスラが賢者の魔法使いに選ばれた時のエピソード

紋章の意味が分からずに放置していたら双子がやってきて、大いなる厄災との討伐に参加するように言われたが断った。

すると双子にぼこぼこにされた。当時はホワイトが生きていたので、ミスラでも敵わなかった。

ミスラがかっこいいイベスト


ミスラの、最もミスラらしいと言えるセリフ「俺が、俺はやれると、思ってるんで。」が出てくるのが2020年1月31日から開催された「矜持と祝祭のプレリュード」12話。

北の国の魔法使いが北の精霊に召喚され、このまま生贄になる、絶体絶命という場面で、ミスラは空間の扉で自分以外の全員を逃がそうとするときのセリフです。

たった一人、危険な場所に取り残されて大丈夫なのかと賢者が問うとミスラは上記のセリフを答えるのです。

「矜持と祝祭のプレリュード」はミスラだけでなく、北の魔法使いの北の魔法使いらしいところが炸裂していて、北好き賢者にはたまらないイベストだと思います。

ミスラが気に入っている言葉

北のエース…スノウとホワイトがミスラを持ち上げて言った表現が気に入って、「俺は北のエースなんで」(矜持と祝祭のプレリュード)

夜の帝王…ブラッドリーが自分のことを「夜の帝王と呼ばれた男だ」と言ったのを聞いたミスラが、自分のことを「俺は夜の帝王と呼ばれた男でうからね。」と言い放ち、ブラッドリーにツッコまれている(矜持と祝祭のプレリュード)

ミスラがオズの命を狙う理由

初めてオズの城を襲撃したとき、あっさり返り討ちされてからずっとオズを狙っている。

北の魔法使いなので自分より強い魔法使いがいるのは面白くないという大前提のほか、

オズを倒さない限り、ミスラが最強を名乗れないという理由と、ミスラは強いと言われていた(おそらくチレッタに)からという2つの理由がある。

ミスラの魔道具について

ミスラの現在の魔道具「水晶のドクロ」は、ミスラがチレッタからもらったもの。

もともとは、雄牛のような動物の頭の骨。大きな角が気に入って取ってあった骨を魔道具にしていた。死の湖で拾ったもの。

 

★★★あの声優の朗読&ドラマCDが無料で聞き放題
Audibleがすごい!★★★★