【女子向けPR・ビューティ編】肉割れ(妊娠線)におすすめのクリームをランキング形式で紹介♪【ストレッチマーク】

肉割れ(妊娠線)は、治りにくいと言われます。

理由は肉割れが皮膚の深いところになる真皮(しんぴ)の傷跡だからです。切り傷だったり、皮膚の表面上の怪我であれば皮膚はまいにち入れ替わっているのですぐに治ります。しかし、皮膚の入れ替わりは真皮では起こりません。

真皮の約80%がコラーゲンでできています。つまり、真皮の傷である肉割れを治すためにはコラーゲンの生成をする必要があります。もちろん、コラーゲンは食べても生成されませんし、肌に塗っても真皮のコラーゲンにとて変わることはありません。このように保湿だけしても意味がないところに肉割れの治りにくい理由があります。

それではどうすればいいのでしょうか?

専用クリームで治す方法と美容外科で治す方法があります。

肉割れクリームでケアをする方法

最近、評判の高い肉割れ専用クリームがいくつか出てきています。今までは専用クリームといっても保湿しかしてくれない、いわゆる効果のないクリームがほとんどでした。しかし、最近はコラーゲンの生成をサポートする成分が入っているクリームが多数出てきています。「レジストリル」や「ビタミンC誘導体」「FGF様成分」などが代表的です。これらは真皮のコラーゲン生成のサポートをしてくれるのでケアに期待が持てます。

肉割れ(妊娠線)におすすめのクリームをランキング形式でご紹介します♪【ストレッチマーク】

肉割れを病院で治す方法

次に美容外科で治療する方法です。美容外科の治療はレーザー治療と炭酸メソの治療が代表的です。簡単にいうと真皮をあえて傷つけ、その再生によってコラーゲンを生成するという方法です。メリットはやはり効果のでる期間が短いこと、効果そのものにも期待できることです。デメリットはかなりの痛みを伴うこと、高額であることです。値段に関しては1回3万円で、10回ほど通うので30万円ほどかかります。ちなみに専用クリームは半年で1万円~3万円程度しかかかりません。

どちらの方法もメリット、デメリットがあります。お金があり、痛みを気にしないのであれば美容外科のクリニックが絶対におすすめです。ただし、ほとんどの人はそんなお金出せないので専用クリームが主流です。

肉割れ(妊娠線)におすすめのクリームをランキング形式でご紹介します♪【ストレッチマーク】

(ライター ジョウ)

★★★あの声優の朗読&ドラマCDが無料で聞き放題
Audibleがすごい!★★★★